エコの活動は、気軽にできるグリーンカーテンがおすすめです。学校などの施設でも涼しく過ごせます。

学校で出来るエコの手軽な活動
学校で出来るエコの手軽な活動

学校で出来るエコの手軽な活動

これからの季節に、手軽にできるエコな活動としておすすめなのがグリーンカーテンです。
私の地元の小学校では毎年グリーンカーテンをつくり、夏を涼しく過ごしているそうです。
グリーンカーテンにするのはゴーヤで、夏になるといくつも実がなり、収穫することもできます。
涼しい上に、子どもたちも、植物を育てる喜びを知ることができ、一石二鳥と言えるでしょう。私立の小学校はわからないのですが、私が通った公立の小学校には冷房などはなく、南向きの窓から太陽光がガンガン当たり、かなり夏は暑かった記憶があります。
カーテンも綿の白いものだけで、教室が暗くなるので遮光カーテンなどはすることができませんし、夏はたいへんな思いをして授業を受けていました。
グリーンカーテンをつくることで、天然のカーテンができ、しかも太陽光をうまく通すので教室は明るいままです。
実験をした結果、グリーンカーテンの外とうちではかなり温度が違ったということです。
また、植物の葉っぱからは気化熱が出ているため、植物の間を通って吹き込んでくる風はとても涼しいです。
打ち水効果と似た効果を得られます。


ゴーヤは丈夫な植物ですから、プランターに苗を植えれば、あとはあまり手間をかけなくてもすくすく育ってくれます。
毎日の水やりをきちんとすることと、ある程度伸びて来たら摘芯をし、脇芽を出させることだけがポイントです。
一本立ちで育ててしまうと、どこまでも一本で伸び続けてしまい、株にボリュームが出ません。脇芽をたくさん出させておけば、それだけ分厚いカーテンにもなりますし、もしどこかの芽がいたんでも、他の芽が伸びてくれて株全体の傷みを避けることができます。
ゴーヤはかなり高くまで伸びるので、蔓を伸ばさせるためのネットを高めに張っておきましょう。ときどき、きちんとした知識のないまま育てて、あまり役に立っていないグリーンカーテンを見かけることがありますが、それではもったいないです。

Copyright (C)2014学校で出来るエコの手軽な活動.All rights reserved.